【宮古島観光】島の最先端!東平安名岬

宮古島

東平安名岬ってどんなところ?

宮古島の有名な岬だよ!
すごくキレイな景色が見れるよ!

この記事では「東平安名岬」について詳しく紹介します。

東平安名岬ってどんなところ?

東平安名岬は宮古島の最東端にある岬で、宮古島の代表的な観光スポットです。

上記の写真は雑誌やお土産のパッケージでもよく見られ、宮古島の代名詞とも言える場所です。

心地よい潮風とキレイな景色で気分も晴れやかなります

オススメポイント① 心地良い風と景色を感じる

東平安名岬はその名の通り「岬」となっており、岬の先端からは大海原を一望できます。

海は浅い水色と深い青のグラデーションとサンゴ礁が合わさり、なんとも言えない美しさです。

岬の左側の景色。潮風がいい感じです。

左右が海に囲まれていることから潮風を直に感じられ、沖縄に来たな~という気分がより実感できます。

オススメポイント② 歩いて楽しい!遊歩道散策!

東平安名岬の最先端には灯台があるのですが、車での乗入れはできません。
そのため、駐車場から約300メートルほど歩くことになります。

「えー、結構遠いな」と思うことなかれ。
これが割と楽しいのですよ。

灯台を目指す道は二通りあり、
「①直進で進む広い道
「②自然を楽しむ遊歩道
から選ぶことができます。

下の地図に記した
青い線」が「①直進で進む広い道」、
赤い線」が「②自然を楽しむ遊歩道」です。

赤いルートは整備が行き届いてない箇所もありますが、遊歩道から岬の自然を楽しみながら歩くことができます。

このルートの途中には海中と繋がっている大きな穴があり、岬の下から入ってくる波の音が聞こえることがあります。

この穴には、たどり着いた人だけが見ることができる隠しエリア感があり、僕は好きです。

青いルート平坦な道となっており景色が楽しめる道です。

大昔に津波で運ばれてきた「津波岩」がゴロゴロと転がっている景色を見ることができます。

自然の雄大さを感じる景色ですね。

ゴロゴロと転がる津波岩

展望デッキのようなちょっとした高台があり、津波岩が転がっている海を一望できます。
こちらの道には人力車もあり、楽に灯台まで行くこともできますよ。

個人的なオススメルートは
行き「赤いルート(自然を楽しむ遊歩道)」で灯台を目指す
帰り「青いルート(直進で進む広い道)」で駐車場に戻る
です!

やはり来たからには目一杯、岬を巡るに限ります!

チェックポイント

トイレ・・・公衆トイレあり。
駐車場・・・あり(無料)。50台ほど。
必要なもの・・・特になし。強いて言えばカメラですかね。

アクセス

宮古島の中心街「西里大通り」から35~45分くらい。
宮古空港からは30~40分くらいですね。

 

キジムナーくん
キジムナーくん

潮風を感じながらキレイな景色が見れますよ!
東平安名岬」行ってみてね~

コメント

タイトルとURLをコピーしました